病院でしっかり治療|内科にゾクゾク増える症状たち

腰痛でお困りの方

二種類の薬

腰痛は内科で診てもらえる

腰が痛いなどの症状が出た場合、大抵の人が整形外科に受診されると思います。 腰痛は、主に筋肉の疲労や骨のゆがみからくる事がほとんどだからです。 しかし、その腰の痛みは本当に筋肉疲労や骨のゆがみからきているのでしょうか。 腰痛は内臓疾患からくる事もあるからです。 腰痛自体は1つの疾患で他に内臓からきている場合もあるのです。 例としては、消化器系の腰痛です。腰が痛いのと合わせて腹痛も感じる方に当てはまるこの症状は、胃潰瘍や胆石などが影響している事もあり、痛みや胸焼けなどが一緒に起こる場合は内科の受診が必要です。 他にも、女性におこりやすいのが、月経による腰痛です。この痛みが長く続くようだと子宮に原因があるかもしれないので診てもらう事をオススメします。

行徳の内科は複数あり安心

行徳には、駅周辺だけでも約7件の内科があります。 駅の近くにある事から、会社の帰りに通院したり診療してもらった後にどこかに出かける事ができやすいので、人気がある地域です。 行徳には駅から少し離れても、個人経営のところから総合病院まで幅広くあるので、自分に合った病院を探す事ができます。 もちろん、駐車場が完備してあるところもしっかりあります。 行徳では病院同士で連携しているので、内科で診察できない場合は他の科に診てもらうため推薦状を書いてもらう事ができます。 また、行徳では夜間診療を行っている病院もあり、夕方18時〜22時の時間帯も開いているところがあります。これだと、残業などで遅くなっても安心して診てもらう事ができます。